バッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTlu

歴史ロマンを巡るコース

  • バッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTluバッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTluバッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTlu
  • 拡張NIC Synology E10G17 F210GbESFPデュアルポート Synology用拡張ネットy0mnOvN8w
  • バッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTlu
  • バッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTlu

バッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTlu

  • バッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTlu
  • バッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTlu

私たちの祖先、日本民族はどこから来たのでしょうか。“ 南の海を渡ってきた南方系と朝鮮半島から日本海を越えて渡来した北方系の人々が融合しながら国は歩みを始めた” というのが通説です。 その一方で“天から私たちの祖先が舞い降りた”という神話も脈々と語り継がれ、古事記の一節には“天孫ニニギノミコトが天照大神の命を受けて筑紫の日向の高千穂のくしふるたけに天降りましき” とあります。

出発地「宮崎」までの交通情報
JR博多駅から→JR鹿児島本線特急「リレーつばめ」、新八代より新幹線「つばめ」、鹿児島中央よりJR日豊本線特急「きりしま」乗換で約4時間50分。JR宮崎駅下車。
宮崎空港から→宮崎交通でバス停宮崎駅まで約30分。又はJR宮崎空港線・日豊本線 普通列車で約10分。JR宮崎駅下車。
宮崎自動車道・宮崎ICから国道220号線経由でJR宮崎駅まで約6.5km。
バッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTlu

バッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTlu

  • 高千穂峡
  • 高千穂
    南九州一帯では、神話の舞台や史跡が各地に存在します。ニニギノミコト降臨の地とされる高千穂には、神々の物語を伝える観光地も多く、天から地上に水をもたらしたと伝えられる「真名井の滝」は高千穂を代表する観光地「高千穂峡」にあります。
  • 天岩戸神社
  • 日向神話(ひむかしんわ)
    「古事記」「日本書紀」に登場する神話の舞台の大半は宮崎です。高千穂町から高原町まで総延長 300kmのひむか神話街道沿いにはいくつもの神話が残っています。天照大神が天岩戸に隠れた「天岩 戸伝説」を伝える天岩戸神社は、高千穂町の中心部から北東に約7kmのところにあります。ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメは西都 で結ばれ、海幸彦、山幸彦をもうけたと言われています。
  • 天岩戸神社
    電話: 0982-74-8239 住所: 西臼杵郡高千穂町大字岩戸
  • 高千穂の夜神楽
  • 高千穂の夜神楽(たかちほのよかぐら)
    国の重要無形民俗文化財。ニニギノミコトが降臨したとされる高千 穂は毎年11月下旬から翌年2月にかけ夜神楽がとり行われ、公民 館や民家が神楽宿となります。三十三の舞のあるこの夜神楽は、夜 通し行われることで有名です。はるか昔から伝承されてきた圧巻の 舞は必見です。
  • 高千穂の夜神楽(たかちほのよかぐら)
    開催場所笆カ天岩戸神社ほか
    ※観光神楽
    神楽シーズン以外でも、毎晩代表的な神楽3~4番を披露。
    20:00~21:00 高千穂神社境内神楽殿
    高千穂町役場企画観光課
    電話: 0982-73-1212
  • 高千穂神社
  • 高千穂神社(たかちほじんじゃ)
    早朝に高千穂八十八社の総社である高千穂神社を訪ねてみると、境内には樹齢数百年を数える杉などの古木が林立し、 荘厳な空間を感じることができます。
  • 高千穂町役場企画観光課
    電話: 0982-72-2413
    住所: 高千穂町大字三田井1037
    休み: 無休

ページの先頭へ

高千穂から車など約1時間30分

  • 日向市・美々津町
  • 神武天皇が東征の際に出港したとされる美々津。この地では、神武天皇出港の日、天候の回復で出発時間が早まり「おきよ」「おきよ」と住民が起こされたという言い伝えにちなんで“おきよ祭”が8月に行われます。
  • 美々津の町並み
  • 美々津の町並み散策(みみつのまちなみさんさく)
    日向灘に面した美々津地区は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、江戸時代末期から昭和初期にかけて建てられた家屋が並んでいます。 神話では神武天皇がこの地から東方征伐に出港したとされています。江戸時代は耳川を下って高瀬舟で集荷された良質の木材や炭を、美々津の港から千石船で大阪方面に運びました。 当時は「美々津千軒」と言われるほど栄え、元禄年間には廻船問屋や商家が数多く建ち並んでいました。
  • 日向市役所観光振興課
    電話: 0982-52-2111
    住所: 日向市美々津町
  • 起きよ祭り
  • おきよ祭
    日向市の美々津町で旧暦「八朔」(8月1日)の夜に子どもたちが短冊飾りのついた笹を手に町の家々の戸を「起きよ、起きよ」と叩いて回るお祭りです。
    期日.旧暦8月1日
    時間.早朝
  • 日向市役所観光振興課
    電話: 0982-52-2111
    住所: 日向市美々津町
    交通: JR日豊本線美々津駅から徒歩15分
    駐車: あり(無料)石並駐車場
  • 日向歴史民俗資料館
  • 日向歴史民俗資料館(ひゅうがれきしみんぞくしりょうかん)
    美々津町並保存地区にあって、かつての回船問屋・河内家を復元し た資料館です。中庭や蔵など、当時の商家をそのまま再現し、大福帳、 そろばん、文机など商売で使われていた道具類も展示しています。
  • 日向歴史民俗資料館
    電話: 0982-58-0443
    住所: 日向市美々津町中町3244番地
    交通: 宮崎交通バス「立縫の里」停留所下車徒歩2分/ JR日豊本線「美々津」駅下車徒歩25分
    営業: 9:00~16:30(入館は、16:00まで)
    料金: 大人210円・団体20名以上2割引
    休み: 毎週月曜日・年末年始

ページの先頭へ

美々津から車など約1時間

『記・紀の道』とよばれる約4キロの道。ニニギノミコトとその妻コノハナサクヤヒメの神話にゆかりのある名所です。 道沿いには、ヒメを祭神として奉っている都萬神社、ミコトとヒメが出会い恋が始まったとされる逢初川、ふたりが生活したとされる八尋殿の跡地などがあります。

  • 都萬神社
  • 都萬神社(つまじんじゃ)
    日向式内社の一つ。「さいまんさま」とも呼ばれており、コノハナサクヤヒメを御祭神としています。
  • 電話: 0983-43-123
    住所: 西都市大字妻1

古事記・日本書紀から名づけられた道 「記・紀の道」観光ポイント

  • 御舟塚(みふねづか)
    高天原から高千穂峰に降臨したニニギノミコトの一行が、海路で奥深い入り江であったこの地に到着したとされています。
  • 逢初川(あいそめがわ)
    「古事記」の中にでてくる逢初川と伝えられ、ニニギノミコトがこの小川で水汲みをしていたコノハナサクヤヒメを見初めた場所。
  • 八尋殿の跡(やひろでんのあと)
    ニニギノミコトが、コノハナサクヤヒメと新婚生活のために建てた御殿の跡。
  • 無戸室跡(うつむろあと)
    一夜で懐妊したコノハナサクヤヒメが夫ニニギノミコトに疑われて戸のない産室をつくり火をかけて無事に3皇子を出産した場所。
  • 児湯の池(こゆのいけ)
    コノハナサクヤヒメが火の中で産まれた3皇子の産湯として水を使った池。
  • 記・紀の道(き・きのみち)
    ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメにまつわる伝承地が、 西都原古墳群を囲むように点在しています。これらの地を歩く道筋となっています。
    ○コース約1時間(4km)
  • 石貫神社(いしぬきじんしゃ )
    コノハナサクヤヒメの父・大山祇命を御祭神としています。
  • 大山祇陵(おおやまつみりょう)
    コノハナサクヤヒメの父・大山祇命の御陵といい伝えられている柄鏡式前方後円墳(全長90m)
  • 鬼の窟(おにのいわや)
    コノハナサクヤヒメを嫁にと請う悪鬼が父神の大山祇命より一夜で石造りの館を所望し完成させた窟。
  • 御陵墓前広場(ごりょうぼぜんひろば)
    西都原古墳群の中央部に位置し、男狭穂塚・女狭穂塚に面しており、春は「西都花まつり」、11月には「西都古墳まつり」のメイン会場となります。

西都市観光協会 電話: 0983-41-1557 住所: 西都市聖陵町1丁目88番地

ページの先頭へ

西都市から車など約1時間

宮崎市には、海幸彦・山幸彦の伝説が残る青島神社などがあります。その土地土地の人々が、神楽や祭りをはじめ独自の風土をかたちづくってきた結果、現在も無形の歴史遺産や数々の遺構が残っています。

  • 青島神社
  • 青島神社(あおしまじんじゃ)
    ヒコホホデミノミコト(山幸彦)が海神のワタツミノカミの宮から帰ってきた際、青島にたどり着き、その住居跡と伝えられています。毎年1月には、村人が着物を着る暇もなく、海に飛び込んでミコトを出迎えたという故事にちなんだ神事「裸参り」が行われます。境内には「日向神話館」もあります。
  • 青島神社(あおしまじんじゃ)
    電話: 0985-65-1262
    住所: 宮崎市青島2丁目13番1号
    交通: 宮崎ICから国道220号を日南方面へ 約13km 約15分・JR日南線青島駅下車徒歩約10分
  • 江田神社
  • 江田神社(えだじんじゃ)
    927年成立の法典「延喜式(えんぎしき)」にも記述のある古社です。 当社のある阿波岐原町一帯は、古事記の「日向の橘の小戸の阿波岐原」として、 イザナギノミコトが禊(みそ)ぎを行った所と伝えられています。また、お祓い発祥の地ともいわれています。
  • 江田神社(えだじんじゃ)
    電話: 0985-39-3743
    住所: 宮崎市阿波岐原町
    交通: JR宮崎駅から車で約15分
  • 住吉神社
  • 住吉神社(すみよしじんじゃ)
    イザナギノミコトの禊(みそ)ぎから生まれたウワツツノオ、ナカツツノオ、ソコツツノオの3神を祀っています。全国に2千あまりある住吉神社のなかでも由緒ある古社として知られ、昔から海の神、航海の安全の神として、漁や海運に携わる人々に信仰されています。
  • 住吉神社(すみよしじんじゃ)
    電話: 0985-39-8500
    住所: 宮崎市大字塩路
    交通: JR宮崎駅から車で約20分
  • 小戸神社
  • 小戸神社(おどじんじゃ)
    江田神社、住吉神社とともに、イザナギノミコトの禊(みそ)ぎの神話にまつわる神社です。昔から海の神、航海の神として信仰されています。 「小戸」とは狭い水門や港を意味する言葉です。当社は宮崎市の大淀川河口にありましたが、昭和9年に現在の場所に遷座しました。
  • 小戸神社(おどじんじゃ)
    電話: 0985-23-6684
    住所: 宮崎市鶴島
    交通: JR宮崎駅から車で約10分
  • 木花神社
  • 木花神社(きばなじんじゃ)
    コノハナサクヤヒメとニニギノミコトを祀り、「木花」はコノハナ(木の花)に由来していると伝えられています。 境内には、コノハナサクヤヒメが生んだ3皇子の産湯に使ったとされる「霊泉桜川」や、産屋(うぶや)があったとされる「無戸室(うつむろ)の跡」があります
  • 木花神社(きばなじんじゃ)
    電話: 0985-58-0229
    住所: 宮崎市大字熊野
    交通: JR木花駅から徒歩約15分
  • 王楽寺
  • 王楽寺(おうらくじ)
    宮崎市瓜生野の竹篠山にある古寺で、ホオリノミコト(山幸彦)がこの地で誕生し、 成長した後にここから日向灘を眺めたと伝えられています。 王楽寺の名は、ニニギノミコトが「朝日や夕日のさすこの地は良い地」と言って楽しんだと場所に由来しているといわれています。
  • 王楽寺(おうらくじ)
    電話: 0985-41-0117
    住所: 宮崎市大字瓜生野
    交通: JR宮崎駅から車で約30分
  • 生目神社
  • 生目神社(いきめじんじゃ)
    平景清がくり抜いて空に放り投げた自らの目が落ちた場所と伝えられ、本殿の裏山には、その目が引っ掛かったといわれる「目かけの松」があります。 昔から「日向の生目様」といわれ、眼病の神様として知られています。
  • 生目神社(いきめじんじゃ)
    電話: 0985-47-8272
    住所: 宮崎市大字生目
    交通: JR宮崎駅から車で約15分
    駐車: あり
  • 高屋神社
  • 高屋神社(たかやじんじゃ)
    クマソ征伐のため、日向の国を訪れた景行天皇が約6年にわたって滞在した「高屋宮(たかやのみや)」の跡と伝えられています。 また、日本書紀で記されるホオリノミコトの御陵「日向の高屋山上陵(たかやのやまのうえのみささぎ)」はこの地であるとも伝えられています。
  • 高屋神社(たかやじんじゃ)
    電話: 0985-24-0923
    住所: 宮崎市村角町
    交通: R宮崎駅から車で約15分
    案内者又はガイド宮崎市観光協会
    0985-20-8658
  • 景清廟
  • 景清廟(かげきよびょう)
    「悪七兵衛・景清」と恐れられた平景清の霊を祀っています。景清は源氏に捕らえられ、僧として日向に流されましたが、源氏の繁栄を見るに耐えられず、みずからの目をくり抜いたと伝えられています。 廟内には、景清の娘人丸の墓や、景清が使用したという硯(すずり)石があります。
  • 景清廟(かげきよびょう)
    宮崎市文化振興課
    電話: 0985-21-1836
    住所: 宮崎市下北方町
    交通: JR宮崎駅から車で約15分

バッグ岩佐謹製礼装用 綴れ織フォーマルバッグゴールドかぶせタイプ金糸入り 矢絣模様 日本製黒留袖 色留袖 訪問着 色無地 フォーマル 結婚式 披露宴kXOPZwiTlu